Looad Blog

スリムなのに重厚感のあるボールペン

スリムなのに重厚感のあるスタイリッシュフォルム


たかがボールペン。されど…

商談時にメモを取る時
お客様へ書類にサインしてもらう時
ビジネスマンなら、一度は考えたことあるのでは?

事務用のボールペンでいいのか…?

自分で使う分には、それで良い、
ただし、大切な商談・契約書にサイン・書類への記入 を促す際、

本当に、これでいいのか?

って、瞬間ありますよね。

ウォーターマンのボールペン

高級筆記具のウォーターマン
保険外交員だった創始者が、大事な商談で
契約書をインクで汚してしまった事から開発された筆記具。

メトロポリタンシリーズ

メタリックでスリムなボディは、エレガント。
軸を回転させて芯を出す、回転式ボールペン。

そして高級筆記具の中では、リーズナブルな価格が魅力。

品位あるビジネスシーンに最適

ノック式のようにカチカチと言わせず
軸を回転させて、そっとお客様へ差し出す。
そんなシーンにぴったり。

スリムなので、ジャケットの内ポケットに忍ばせたり、
手帳と一緒に使うのも良いですね

お客様へ差し出すペンとしても、
自分の気持ちを高めるためのペンとしても。

ビジネスシーンで活躍する方へのプレゼントとしても最適です。

スリムなメタリックボディの、
WATERMAN メトロポリタン シリーズなら、
男性はもちろん、女性への贈りものとしても。

ウォーターマンのメトロポリタンは、
個人的には、女性が使うと、カッコイイと感じます。

ビジネスシーンで、男性に負けないくらいの
シャープな印象を与えられるのでは無いでしょうか。

メタルの重厚感がありながら、細身のボディで、手元をすっきりと演出してくれます。

ちょうど良いボールペン

使ってみると分かるのですが、何かとちょうど良いんです。

手に収まるサイズ感

個人の感覚によるかも知れませんが、しっくりくる、サイズ感が何とも言えません。

重すぎず、軽すぎずの重量感

重いと疲れますが、事務用ボールペンの様に軽すぎると、
ビジネスシーンでは、契約書など記入するときの気持ちまで、
軽くしてしまいます。

「書いたんだ」という実感というか何と言うか、そんな気持ちにさせてくれます。

ビジネスシーンに最適

もともと、保険会社の外交員をしていた、
ブランド名でもある、ウォーターマンが築いたブランドである為、
ビジネスシーンに最適の機能と美しいフォルムを持ち合わせています。
使いやすく、品位のある筆記具です。

できるビジネスマンのアイテムとして、
スタイリッシュな女性を演出するボールペンとして、
また、初めてのビジネス用ボールペンとしても最適です。

WATERMAN ウォーターマン Metropolitan Essentials メトロポリタンエッセンシャル ボールペン 1891284 1891285

【WATERMAN/ウォーターマン】Metropolitan Essentials メトロポリタンエッセンシャル ボールペン 1891284 1891285 近代万年筆の祖ウォーターマン1883年、ルイス・エドソン・ウォーターマンが世界で始めて毛細管現象を応用したインク機構を造り出しました。その後もクリップ付きのキャップやカートリッジインク等次々と発明し、万年筆の歴史に輝かしい足跡を残してきました。また、高い金属加工技術と洗練されたデザインから、ウォーターマンはライティング・ジュエリー(宝石のような筆記具)と称されていますプレゼントにもオススメの商品。【サイズ】 ・長さ:約135mm 軸径:約9mmφ 重さ:約28g 【機構】 ・ツイスト式【仕様】・ボディ/キャップ:ステンレススチール ラッカー仕上げ ・クリップ/トリム:ニッケルパラジウムプレート仕上げ

Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

Sponsured Link