Looad Blog

大切なあの頃の音楽をいつまでも保存

カセットテープをデジタル化して保存する


あの頃の思い出

あの頃よく聞いた、あの曲。

カセットテープに入っているけど、まだ聞けるかな。

もう再生する機器も、あまり無いし、今さらカセットテープって…
もう聞くことは無いのかな…..なんて、思ったりしますよね。

時代は、進んでます。

今やMP3…詳しくは良く分からないけど、パソコンで聞けますよね。
パソコンに、カセットテープに入った音楽を取り込んで、
パソコンまたは、MP3プレイヤーに入れて聞ける様にできちゃうんです。

カセットテープ変換機器

カセットテープを、カセットテープ変換機器に入れて、
パソコンにつないで、デジタル音源に変換。

変換するソフトが入っているので大丈夫。簡単です。

大切なカセットテープの中身がパソコンに取り込まれます。

劣化が無い

カセットテープだと、テープが伸びたりして音が悪くなりますが、
デジタル化するとそれ以降の劣化が防げます。

「あ、飛んだ」って事が、それ以降なくなるってこと。
もう、飛んでしまってるものは難しいですが…

大切な思い出を、ずっと壊さず保存できるのは嬉しい事ですね。
これで、あの頃が保存されますね。

あの頃の楽しみを

演歌やポップスなど、カセットテープで世に多く出ているモノを
デジタル化してあげるというのも、その当時カセットテープ世代だった、
親、おじいちゃん・おばあちゃん孝行かも。

若い方や、パソコン操作が出来る方なら、
親・祖父母は、パソコンの操作は難しい!なんて方が大半でしょうから
変換の操作をしてあげる・教えてあげるとか出来るでしょ。

カセットデッキって大きくて重い…MP3プレイヤーだとコンパクトで大容量。
何より、昔の思い出を、子や孫に復活させてもらうって最高かもしれません。

眠っていたカセットテープ

これで眠っていたカセットテープに詰まった思い出が、復活するわけです。

いつしか、聞く時間、聞く方法すら無くなってしまった音楽。
そんな楽しみを復活させてくれる良いアイテムですね。

Sponsured Link