Looad Blog

フットサルシューズの素材

フットサルシューズに使ってある革の違い


素材について

天然皮革と人工皮革に分けられます。

天然皮革の製品(シューズ)については、一部が天然皮革で、他の部分は、人工皮革が使われることが多い
例:アッパー(つま先の上部分)のみ天然皮革、他は人工皮革など

天然皮革

履けば履くほど自分の足にフィットする。
通気性がありむれにくい。
型くずれしやすいのでまめな手入れ必須
水に弱い。
値段が高い。

自分の足のことを思いやるなら、天然皮革。

履けば履くほど、自分の足に合ってくるのでケガの防止に繋がります。
通気性もがあるので、ムレにくいことも天然皮革の特徴です。

ただ水に弱く、手入れが必要になので、普段から靴の手入れをしない方には、ストレスになるかもしれません。
人工皮革製と比べると、少々値段も高いです。

ただ、足のサイズさえ分かっていれば、だんだん馴染んでくるので、選ぶ失敗は、人工皮革に対して少なくて済みます。
それでも、足の幅、甲の高さなど、個人個人で差があるので、なんとも言えない。

よく使われているのが、カンガルー革で、牛革と比べると柔らかい。
足馴染みも良いので、フィット感が最高です。

特にカンガルー革は、馴染んでくると多少伸びるので、それを考慮して選びましょう。

ぴったりサイズ、もしくは、気持ちキツめを履いて慣らすというのも方法のひとつです。
紐で締めるので、基本的には大丈夫、もしくは気にならないです。

人工皮革

型崩れしにくい、水にも強い、手入れもあまり必要ない
そして安価なものを探すならば、人工皮革。

その分、フィット感は購入時から変わりません。
革自体も、ほとんど伸びないので足に馴染みません。

通気性が悪いのでムレます。そのまま放置すると臭い。
(人口比較のビジネスシューズ等がそうですね)

また、合わない靴を選ぶと、ずっと合いませんから、
ケガの原因にもなりますし、足の歪み、さらには、身体の歪みに繋がります。

人工皮革こそ、しっかり試着をして選ぶことが大切です。

自分が思うフィット感に近ければ、それがずっと続くわけですから、
天然皮革と比べて、安価な買い物が出来ます。

人工皮革は、革自体の厚みがあるのも特徴。
実際に触ってみると、よく分かります。

使い分ける

一番良いのは、使い分けることです。
外で使うなら、晴れた日は天然皮革、雨の日は水に強い人工皮革なんて使い方は多くの方が実践されている方法です。

結局は、天然皮革の場合、手入れにも道具などお金は掛かります。
シューズケア用のクリームなどを塗るくらいで大丈夫。

人工皮革の場合、革の劣化(ポロポロ剥がれたり)、臭いなどで、買い換えるスパンは天然皮革より短い事が多いです。

ある程度、手入れをしながら使っていけるなら天然皮革。
ハードにガンガン使って行くなら人工皮革ってとこでしょうか。

品質は、天然皮革が良いですが、それぞれの好き好きかと思います。

サッカーシューズならば、
天然皮革を使ったシューズは、フィット感があるので、ボールの感覚が伝わりやすい。
人工皮革を使ったシューズは、フィット感がなければ、ボールの感覚が伝わりにくい。

反対の意味で言うと、天然皮革は、革自体が人工皮革と比べて薄いため、ボールの衝撃を感じやすいでしょう。
人工皮革は、逆に衝撃を感じにくいでしょう

感覚と取るか、衝撃と取るかは、各々で意見が別れるのではないでしょうか。

天然に慣れていると、人工の感覚が、少し固く感じたりします。
革を押した時に、元のカタチに戻るチカラがあります。

人工に慣れていると、天然の感覚が、少し柔らかく感じたりします。
革を押した時に、ゆっくり元に戻ります。

色んな要素を含めて、最終的には、金額の問題でしょう
これまで、天然・人工の両製品を使ったことがある方は、大まかな見当はつくでしょう。

天然・人工のどちらかしか使った事が無い方は、金額の差に、若干抵抗があるかもしれません。

こんなに高い…こんな安いのか…なんて…

仕様頻度

部活などで、毎日使うなら、消耗品と考えて安価なものが良いでしょうし、
週に数回、または一回行けるか程度なら、ケガを考えて少し良いモノに頼るとか…

あとは、技術レベルでしょうか

子供の場合

初めたての頃は、シューズは、消耗する前に破れます。
多くは、利き足の、つま先の内側が破れます。

サッカースパイクで言えば、足裏の突起(スタッド、ポイント)は、すり減らずに破れます。
サッカー経験者なら、必ず通ってくる道だと思います。

最初は、安価なもので、ある程度、蹴れるようになってから、天然皮革が良いです。
(あくまで金額面で…予算があるのなら、天然皮革がイイですよ。)

また、多くは土のグラウンドの場合が多いと思いますが、芝と比べて、もっと破れやすくなります
室内でのフットサルの場合も、床との摩擦で、破れたります。

大人の場合

同じようなことが言えます。が、ある程度、良いモノを使うことをオススメします。
理由は2つ

・ケガ対策
 フィットするモノの方が怪我しにくいと思います
 怪我しないように、道具に頼るのも1つの対策です。

・継続対策
 安価なものだと、…すぐ辞めてしまうからです
 大人になって、何かを初めるのは、なかなか…続けるのなんて、もっと…
 だから、少し高いものを買って、続けるしかない状況を、自ら作り出すんです。

2つ目は、これから初める人の事ですけどね

最近の人工皮革製品は、作りが良くなってきてるので
消耗品と割りきって、安価なものを何足も履きつぶしていくのもアリです。

何だかんだ言っても、ソファ、バッグ、財布等など、どんな製品でも、天然モノの品質は、やはり良いです。

しかし、サッカーシューズ・フットサルシューズは、ボールを蹴ります。
他の製品と違い、消耗が早いのも明らかです。

あくまで個人的な意見を言えば、履き物ですし、ましてやボール蹴るんですよ…消耗が…。
何と言っても「安い」から人工皮革で十分だと思います。

フィット感を求める、オシャレとして(革のクッタリ感が好き)など.。
あとはフットサルに対する思い入れでしょうか、それらを考えるのであれば、天然皮革がオススメです。

履き心地は、言うまでもなく天然皮革が圧倒的に良いです。
通気性、フィット感。こればかりは、どうしようもありません。

天然皮革・人工皮革ともに、インソールを衝撃吸収素材に取り替えるなどすれば、足への衝撃を、格段に和らげることが出来ます。

ご自身のお子さんに検討されている方へ

道具だけでは、技術面では、たいして変わらないです。
しかしながら、道具によって気持ちが変わる事は、大いにあると思います。

特に、子供の頃に自分だけ、ちょっと違う格好で浮いてると感じてしまうと、
クラブなどに行きたくなくなる、そのスポーツ自体を辞めたくなるものです。

モノに対する思い入れが生まれます。

あなた自身も、良いモノを買ってもらうと大切に使うでしょう。それは子供も同じだと思いますよ。

高いものを買い与えろと言っているのではなく、
本人が良いと思ったもの、もしくは、それに近いものを与えてみてください。

本気でやっているのでしょうから、頑張るチカラを養うことが出来るかもしれませんよ。

いろいろ種類もあって、迷ってしまいますが、直感も大切。
イイなと思ったものを大切に使っていきましょう。

MIZUNO フットサルシューズ モナルシーダ NEO SALA PRO IN Q1GA232152 27.0 122 フットサル

●素材:【甲材】人工皮革/合成繊維 【底材】合成底【実寸サイズ】●重量:約203g(26.0cm片足)●コロンビア製●幅:2E相当の方向け●フットサル用●インソール:ゼログライドライトカップインソール(取り外し可)●ミズノフットサル史上最薄設計のハーフミッドソール構造を採用することで、ダイレクトなボールタッチを実現。●つま先部分にトゥーガードを採用。耐久性アップと足への衝撃を緩和。●タング素材(シュータン)に2色メッシュを採用することで、よりスムーズなフィット感を実現。●通常のインソールに比べ、約1.5倍のグリップ力があるゼログライドライトカップインソールを採用。シューズ内でのズレを抑制し、キレのあるプレーをサポート。●フットサル公式ルール適合のノンマーキングソールを採用。●軽量、柔軟、素足感覚のフットサル専用モナルシーダ NEO SALA PRO。公式ルール適合のノンマーキングソールを採用したインドアコート用フットサルシューズ。ゼログライドライトカップインソール搭載。【商品の購入にあたっての注意事項】※弊社独自の採寸・計量方法により計測を行っておりますため、多少の誤差が生じる場合がございます。【こちらの商品について】※シューズの製造過程で、接着剤の付着や縫製のズレ・歪みがある場合がございます。ご理解、ご了承の上、お買い求めください。※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます。※ブラウザやお使いのモニター環境により、掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります。※掲載の価格・製品のパッケージ・デザイン・仕様について、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

スーパースポーツゼビオオンラインストア

Sponsured Link